blgtz 【ビルゲイツ】




田村昭太によるソロユニット



□ blgtz ( Shota Tamura solo )

一人でボーカルとギター、同時に足元でバスドラムとギターをこなすというスタイル



□ blgtz (バンドセット)






-2001年-

1月、田村昭太を中心に結成。メンバーチェンジを繰り返しながら、
渋谷、下北沢を中心にライブ活動を続け着実にファンを増やしていく。


-2003年-

5月14日、田村のソロユニットとして自身のレーベルから1st mini album『チルコ』をリリース。
(この時、田村はトランク1つで、関西〜東京間のレコード店70店舗を自分の足で回る。)

その後、メンバーを迎えて再びバンド形態になる。

12月17日、1stシングル『アタシはキレイな水滴のfilmウフフ』をリリース。


-2004年-

2月18日、1st full album「無人テレビの設計図」をリリース。

4月、V.A.「STYLUS#9〜brightest 2004〜」 (V.A)に参加。

11月19日、2nd mini album
「music from the motion picture soundtrack」をリリース。


-2005年-

8月13日、三軒茶屋ヘブンズドアにて初ワンマンライブ。

9月28日、2nd single「コントロール」リリース。

10月26日、2nd album「マイナスの世代による瞬間のドキュメント」をリリース。



-2006年-

7月、活動休止を発表。

田村のソロユニットに戻り、Shota Tamura (from blgtz)として一人でライブを開始。
月5〜10本ペースのライブをこなし「Find a Job Tour」を行う。
Katamine(Israel/NY)のShow Caseライブにゲスト出演。


-2007年-

3月1日、ソロと並行してベース、ドラムを迎えバンド形態で活動を再開。
2007年は年間約70本のペースでライブを行う。

3月29日、世田谷webテレビに出演した際、SHEENA&THE ROKKETSの鮎川誠氏とシーナ氏と対談。
多大な影響を受ける。

7月11日、在庫切れで廃盤扱いになっていた5タイトルが再発リリースされる。
それに伴い再発リリースツアーを行う。

12月29日、下北沢モザイクでblgtz企画「 THE WORLD WON’T LISTEN vol.2 」を開催。


-2008年-

1月、ソロ形態に戻る。

3月、サポートメンバーを三名迎え、再びバンド形態で活動を再開。

7月23日、ミックスに電気グルーブ、くるりなどのエンジニアとして知られる上原キコウ氏を迎え
約3年ぶりの新作、3rd mini album 「blgtz」をリリース。

8月31日、リリース記念ワンマンライブを下北沢MOSAICにて行う。


-2009年-

1月、再びソロ形態に戻る。

4月、サポートメンバーを3名迎え、バンド再始動。


-2010年-

2月、新作のレコーディングに向けてライブ活動休止を発表。


-2011年-

5/31、東日本大震災チャリティー・シングル「ソネット」を配信限定で発表。

11/23、3rd full album「同時に消える一日」をリリース。


-2012年-

1/15〜1/17、「 blgtz - 3rd full album「同時に消える一日」リリースツアー 」

2/4、「 blgtz - 3rd full album「同時に消える一日」リリース記念ワンマンライブ 」を
原宿アストロホールで行う。満員御礼。

2/26、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて、田村昭太ソロで出演+PV「イデオロギー」が放映される。

3/23〜3/26、「 blgtz - 3rd full album「同時に消える一日」リリースツアーin札幌 」

5/23、LIVE DVD 「 Climb Up The Catwalk 」発売。

6/22、「 blgtz LIVE DVD「 Climb Up The Catwalk 」リリース記念ワンマンライブ 」を
渋谷 STAR LOUNGEで行う。

11/23、blgtz presents 「 THE WORLD WON’T LISTEN vol.3 」を原宿アストロホールにて行う。

ライブ活動を休止。


-2013年-

5月、映画『月を、さがしている』(監督:藤井三千)に楽曲提供。


-2014年-

9月、映画「はやにえ」(監督:加賀賢三)に田村昭太が出演。(映画初出演ながら主演。)
主題歌に「Lita」を楽曲提供。


-2015年-

映画「さとるだよ」(監督:谷健二)の主題歌に「耳を閉じたい」を楽曲提供。


現在までCDのジャケットやPV等全てを自分で手がけ、完全自主制作で活動、リリースを行う。